2009年12月15日

こがしゅうと氏の新刊

いつもお世話になっているこがしゅうと氏が関わっている新刊が二冊も出たので紹介します。









続きを読む
posted by きつねのるーと at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

広島・呉 戦跡ツアーガイドブック創刊!

広島在住の知人で『希少資料艦艇研究所』の所長氏の新刊が発売されました。もう書店に並んでいるのでお求めになられた方もいらっしゃるかと思いますが改めてここでも紹介させていただきます!

『呉・江田島・広島戦争遺跡ガイドブック』 奥本剛 著





















続きを読む
posted by きつねのるーと at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

新刊のご案内









先月末から今月頭にかけて私の知り合いがこぞって新刊を発表したり発売が決定したりしたので今回はそれをまとめて紹介します。







続きを読む
posted by きつねのるーと at 23:14| Comment(1) | TrackBack(2) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

昔の兵隊さんに関する資料本です

前回、おまけ記事でちょこっと追記していた本を紹介しなおします。



激戦場皇軍うらばなし
は、旧日本陸軍の兵隊さんの装備の実態を探った書籍です。当時の貴重な写真がたっぷり載っているので(解像力が悪いのは仕様です)、当時の装備がどんな形でどんな風に使われていたのかが一目瞭然です。
架空戦記を読んでいて記述がわからなくなったらこの本を見てみるのも良いと思います。どこら辺が架空になっているのか、理解し易くなると思います。
posted by きつねのるーと at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

人間魚雷回天

今年2月に広島に出かけたときに現地で案内をしてくれたGO様が初原稿依頼を受けた記事が記載されている書籍です。

Amazon.co.jp での発注でしたらコチラです。
続きを読む
posted by きつねのるーと at 01:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

とうとう発売!!

待ちに待たされた、解説書!ついに発売です!!!

今回の内容は、戦車の動かし方と、主に第二次世界大戦時の戦車の運用に踏み込んでいます。
で、ソビエト式戦車兵選抜方法の挿絵に、
急場に操縦士が負傷
  ↓
歩兵部隊に行き、『同士、誰かトラクターを動かせるものいないかね?』
  ↓
『はっ!子供の頃少しだけ動かしたことがあります』
  ↓
『よし、今から君は戦車兵だ』

とのやり取りがあるのですが…まんま、ガンダム(ファースト然り、SEED然り)な展開って気がするのはおいらだけ?

ちなみに前作はこちら


なお、売れ行き次第では『3式』も予定されるかも…だそうですので皆さんよろしく!!続きを読む
posted by きつねのるーと at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

旧日本海軍の航空爆弾に関する書籍

ただ今、読破中なのですが、図書館でこんな書籍を見つけてきました。

まだ冒頭の2章までしか読んでいないのですが、大変興味深い内容です。ちなみに、『航空爆弾』でググってみたところこんなサイト(著者:兵頭二十八氏のファンサイト)や、『武道通信』等が見つかりましたが、やはり航空爆弾の調査をしている方はかなり少ないようですね。
posted by きつねのるーと at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

大砲の本







日本の大砲


著者:竹内昭 / 佐山二郎

出版社:出版協同社

本体価格:9,000円




楽天ブックスで購入する

なんか、恐ろしく高い本ですね。
一般的には、次の入門書をお勧めします。










大砲入門陸軍兵器徹底研究


大砲入門陸軍兵器徹底研究



著者:佐山二郎

出版社:光人社

本体価格:924円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

こちらは、光人社のFN文庫から出ています。これによると、日本陸軍に砲術を教えたのはイタリアの軍人さんだったとありますが…、なんか、そこら辺に日本砲兵隊の問題が起因しているよう〜な気がするのは、気のせいなんでしょうか?
posted by きつねのるーと at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

『世界の戦艦』











世界の戦艦第二次大戦


世界の戦艦第二次大戦



著者:松代守弘

出版社:イカロス出版

本体価格:1,619円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

この本は、私がよくお世話になっている作家さん(こがしゅうと氏)が図面を描いたそうです。戦艦ってなんぞやって方や、世界にはどんな戦艦が存在したのかを知りたい方は、手に取って見てください。かなりマイナーな国(イタリア、ソ連等)の戦艦も載っています。もちろん、日本の大和も大和以外の戦艦もです。
posted by きつねのるーと at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

戦艦「大和」に関すること

今書店に並んでいる「大和」に関する本でお勧めな本の紹介です。










戦艦大和発見


戦艦大和発見



著者:辺見じゅん / 原勝洋

出版社:角川春樹事務所

本体価格:680円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する






男たちの大和(上)決定版


著者:辺見じゅん

出版社:角川春樹事務所

本体価格:700円








男たちの大和(下)決定版


著者:辺見じゅん

出版社:角川春樹事務所

本体価格:700円










戦艦「大和」空前のクオリティーで再現!精密3DCG「大和」大特


戦艦「大和」空前のクオリティーで再現!精密3DCG「大和」大特



著者:

出版社:学習研究社

本体価格:2,000円










戦艦大和・武蔵呉市海事歴史科学館図録


戦艦大和・武蔵呉市海事歴史科学館図録



著者:海事歴史科学館(呉市) / 戸高一成

出版社:ダイヤモンド社

本体価格:3,800円










戦艦大和のすべて歴史的資料とオリジナル写真により全貌が蘇る


戦艦大和のすべて歴史的資料とオリジナル写真により全貌が蘇る



著者:原勝洋

出版社:インデックス・コミュニケーションズ

本体価格:3,300円








戦艦大和図面集


著者:ヤヌス・シコルスキー / 原勝洋

出版社:光人社

本体価格:5,000円




楽天ブックスで購入する

などと、解説本はたくさん出ています。ですが、とりあえず知っておきたい事は次の文庫本で何とかなるかな?







戦艦大和99の謎幻の巨艦が甦った


戦艦大和99の謎幻の巨艦が甦った



著者:渡部真一

出版社:二見書房

本体価格:476円



何か、戦艦大和の事を語るのならこれくらいは知っておいて欲しいですよね。
あとは、つく突く法師さまか、そのリンク先を丹念に探してみてくださいね。結構、面白いですよ。
posted by きつねのるーと at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

タカラ「連斬」シリーズ




タカラの「連斬」シリーズ新作、「亡国のイージス」いそかぜ出ました。

なお、今度の一月には軽巡洋艦「矢矧」が登場です。予約も受付開始されましたよ。
posted by きつねのるーと at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

「伏竜」本の紹介

私がよくお世話になっている漫画家さん(こがしゅうとさま)が注目をしている人間兵器「伏竜」〈人間機雷)についての本をグランデで見つけましたので、紹介します。










人間機雷「伏龍」特攻隊


人間機雷「伏龍」特攻隊



著者:瀬口晴義

出版社:講談社

本体価格:1,600円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

あと、他にはこんな本が見つかりましたよ。










海底に消えた青春知られざる特攻、伏竜特攻隊秘話


海底に消えた青春知られざる特攻、伏竜特攻隊秘話



著者:児玉辰春

出版社:汐文社

本体価格:1,500円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する






海軍伏龍特攻隊


著者:門奈鷹一郎

出版社:光人社

本体価格:667円




楽天ブックスで購入する






海底の少年飛行兵海軍最後の特攻・伏竜隊の記録


著者:門奈鷹一郎

出版社:光人社

本体価格:1,748円



posted by きつねのるーと at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

「戦車のすべてを萌え萌えレクチャー」って?

何かタイトルを見違えているような気がするのは気のせいでした。










萌えよ!戦車学校戦車のすべてを萌え燃えレクチャー!


萌えよ!戦車学校戦車のすべてを萌え燃えレクチャー!



著者:田村尚也 / 野上武志

出版社:イカロス出版

本体価格:1,619円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

このイラストの担当は





鋼鉄の少女たち(1)


著者:しけたみがの

出版社:角川書店

本体価格:540円



の作者でもあります。このシリーズは、現在、
鋼鉄の少女たち(2)
鋼鉄の少女たち(3)
鋼鉄の少女たち(4)
まで絶賛発売中です。

さて、内容ですがこれはいたってまじめな戦車の入門書兼歴史書になっています。
とは言え、なんとなくキワモノ感の漂う逸品。読んでみる勇気ありますか?
posted by きつねのるーと at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

南方戦線で生き残ったパイロットの手記です

ニューギニア島に配属された飛燕パイロットの手記です。










秘めたる空戦新装版三式戦「飛燕」の死闘


秘めたる空戦新装版三式戦「飛燕」の死闘



著者:松本良男 / 幾瀬勝彬

出版社:光人社

本体価格:876円



楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

また、このタイトルは戦闘漫画の滝沢聖峰氏によって漫画化されておりそちらも合わせて読んでみるとなかなか、判りやすいです。特に空戦時の戦闘機動は、文章では判り難いのですが、漫画としてみると少しは理解しやすいです。とくに、滝沢聖峰氏の描写はそこいら辺が判り易いので特にお勧めです。





飛燕独立戦闘隊


著者:滝沢聖峰

出版社:大日本絵画

本体価格:990円




楽天ブックスで購入する

特に、最後のシーンは当時の日本人としては非常にスマートに個人としての戦闘を終えられています。
燃料の最後の一滴まで使い尽くし、弾薬を発砲しつくし機体を軽くして陸地が見えた瞬間、敵機が来襲し敵機に誘導されるままそのまま陸地の空き地に着陸、「ノーギャス。ノートリッガー〈燃料も弾もないよ)ノーウェイ〈どこにも行けない〉」と言って両手を挙げて機を降りると「I see.You good landing!Step down here.」(判っている。見事な着陸だな!降りてこいよ)「You smork?」〈これ吸うか?)と、タバコ〈漫画ではキャメルの箱に見える)を差し出されるシーンが非常にスマートに見えたです。こんな軍人さんもいたのかと感心しました。
posted by きつねのるーと at 20:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史〈戦史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング bk1アフィリエイトバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。