2007年04月10日

最近購入したコミック

先月は忙しかったので記事こそ書いていませんが、それなりに書籍を購入しているので、今回はその中からコミックに関して書いてみたいと思います。まずは…



KANONの新作コミックシリーズです。アニメ版では何気に酷い扱いだったと評判の悲劇のヒロイン名雪さんが陽の目を見るストーリー展開になっていてKANONワールドを広げる役目を果たしてくれる一冊です。著者の名雪さんに対する優しい想いが溢れる一冊でした。



地味な擬人化作品の第二段。ようやく発売です。
もう、旬は過ぎてしまった可能性のある作品では有りますがどっこい生きています。



意表を突いた猫耳男子が主人公の海軍ストーリーの3巻。
士官候補生の成長物語なのですが、なかなか内容の濃い話です。萌が苦手な硬派のミリタリー好きにもお勧めのこのシリーズ。
今回の話のメインは…吉原の花魁…。



Gunslinger girl 8巻
前巻からの続きでした。キャラクターが絞られている分話が分かり易いが、ヘンリエッタやなんかの動向も気になるですね。彼女達の寿命が尽きかけていると言う話。かなり気になります。



で、本命はこのエマ第8巻。
エマに関する話は前巻の7巻で終ったのですが、この8巻はエマにまつわる色々なキャラクターのサブストーリー集。番外編に属する話を集めたものでした。
中でも新聞=The Timesにまつわるエピソードが一番のお気に入りです。同じ新聞でも人にとって果たす役目は多種多様である様がよく判る話です。
こうなってくると…特別限定版のDVD付きを仕入れたほうが良かったかなと思う今日この頃ですが、その分、今度始まるアニメが楽しみであります。








ラベル:コミック 燃え
posted by きつねのるーと at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログランキング bk1アフィリエイトバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。