2007年02月26日

今月発売の内田弘樹作品

昨年七月の 『蒼空の盾(イージス) 帝都防空戦1945 歴史群像新書』
以来、新作の発売が止まっていた新進気鋭の架空戦記作家の内田弘樹氏の新作が相次いで発売されました。



こちらは 『征翼の守護神』シリーズ
の最終刊で、日本の全力を挙げてのハワイ攻略作戦が実行されます。もちろん対するアメリカ側も全力を挙げてそれを阻止に当たります。いったいどんな結末が待っているのは読んでのお楽しみです。




そして相次いで書店に並んだこの話は、05年に発売された大和ネタの大鑑巨砲主義スタイルの 『戦艦大和欧州激闘録 鋼鉄の破壊神』
の続きであります。
WWUの戦いで早々に米国との和平に扱ぎつけた日本が、その対米戦で傷ついた大和を、アメリカでアメリカ式装備を加えて改修し戦力化し、対独逸戦に投入した話の続きになります。この 『 戦艦大和地中海決戦録』
では、姉妹艦の三川が出てきたり、大和を元にアメリカが
創った46センチ砲搭載艦モンタナ級二番艦オハイオも出てきますが、一番の主役の大和は前話で受けた損害を修理するついでに機関換装を受けていて化け物度がさらにアップしています。
そしてその大和たちが相手をするのはヴィシー・フランス海軍の新型艦4隻(アルザス級2隻とガスコーニュ級2隻)とイタリア海軍の改良艦のリットリオ級2隻の計6隻。今回大和に随伴する戦艦は無しで6対1の戦いを繰り広げます。
この大鑑巨砲主義小説は、徹底的なリアリズムを含む話になっていて戦艦と言えども戦艦同士で闘えば無傷ではすまないし、勝ち残ってもズタボロになってしまう話です。それだけにアメリカの驚異的な工業力とダメコン能力が必要とされ、そのために日本は早々にアメリカ側についているようなものです。とはいえ、そんな細かいことは抜きにして、大鑑巨砲の威力に浸ってください。












posted by きつねのるーと at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書(架空戦記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログランキング bk1アフィリエイトバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。