2006年04月14日

『鉄子の旅 D』発売中!

買って着てから読むのに時間がかかってしまったけど(忙しくて)、ようやく読了です。

今回のお出かけ先は以下の通り

33旅:18きっぷ・一都十八県大回り
34旅:「能登」に揺られて北陸の旅
35旅:氷見線・万葉線・富山地方鉄道
36旅:『彗星』に乗って高千穂鉄道へ
37旅鹿島鉄道茨城交通湊線オススメ車両?
38旅:レッドアローでの攻防
39旅:絵日記で綴る秩父鉄道の旅
40旅:切符の要らないテツ道の旅

でした。
マニア同士の張り合いは傍で見ていると、“こいつら何やってんだ〜?”な世界がこれでもかと再現されているのが面白くもあり、“他人のフリ見て我フリ治せ”などと言う言葉を思い出したり、複雑な心境でしたよ。
でも、40旅のバーパノラマは立ち寄ってみたいお店です。確か、銀座には他にも鉄道バーが逢ったと聞き及んでいますのでそっち方面に詳しい人にガイドしてもらいたいです。(*注:私は下戸…)
また、この作品のきっかけとなった編集長のホームページ、『I Love SwitchBack』コチラです。

後、私の過去の経験上から言うと…、「33旅」の18キップで大回り乗車に女の子が付き合ってくれたからといってその娘が恋人になってくるとは限りませんです。もし段階を踏んでいたとしても…ですよ。ま、私の場合、これに付き合ってくれた子が特殊だっただけ…なんですけどね。
posted by きつねのるーと at 21:34| Comment(0) | TrackBack(1) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16576122

この記事へのトラックバック

光文社新書「テツはこう乗る」いよいよ発売!
Excerpt: 小生の第9作、光文社新書「テツはこう乗る」〜鉄ちゃん気分の鉄道旅〜が、いよいよ発売となります。昨年出した「素晴らしき哉、鉄道人生」(ポプラ社)の実践編ともいうべき内容です。目次などの詳細は、 http..
Weblog: nodatchのページ
Tracked: 2006-04-15 00:43
ブログランキング bk1アフィリエイトバナー