2008年02月28日

今年出てきた仮想戦記小説 弐 林譲治氏編

前回に引き続き、架空戦記小説本の第二弾!
林譲治氏の作品を紹介しますね。



恐ろしいことに、三シリーズを刊行中なのですよね。
読むのは混乱しないですが、著作中に混乱しないのかとちょっと心配になりますね。

でもって各シリーズの内容、感想ですが…

この『特鋼艦隊』シリーズでは先を見通せる民間会社の長が出来うる対戦争経済対策をキーに仮想しています。ちなみに鉄鋼産業の社長がそれに噛むとどんなことになるか…、それがこの作品のメインテーマでした。
つまりタイトルの『特鋼艦隊』は殊鉄で作られた艦船の艦隊ということなのですね。
でもって特殊鉄鋼を作れるようになると言うことはどういうことをもたらすかと言うと、陸上兵器の場合は戦車等の装甲車両の装甲を頑丈に出来る。海戦兵器の場合、装甲が頑丈に出来るのはもちろん、推進機関(蒸気機関の常用圧力を上げられるので機関出力を上げることが出来る)の出力を上げられるので、艦船の速力を上げることが出来る…かも知れない。航空兵器の場合、エンジンのターボチャージャーを作る場合必要な特殊鋼が作りやすくなる。と言うわけですね。ですので、兵器の性能が底上げが謀れると言う訳ですね。そのほかの効能としては、通常鉄鋼の生産量も上げることが出来るので、日本の鉄鋼生産力が増えると言うわけです。
近年の架空戦記、仮想戦記の場合、ここいら辺まで考慮していないと架空史において説得力がないと、読み手側も納得しずらい面もあるので、その点非常に説得力のある話が出来上がっています。

でもって林譲治氏のシリーズもの中、最長になる『興国の盾』(通商サンシリーズといった方が通りが良いかも…)の最新刊が興国の楯奇襲!ロイヤルサブリン追撃指令―通商護衛機動艦隊 (歴史群像新書 158-9)です。

この興国の楯奇襲!ロイヤルサブリン追撃指令―通商護衛機動艦隊 (歴史群像新書 158-9)は、前作興国の楯死闘!ソロモン大海戦―通商護衛機動艦隊 (歴史群像新書 158-8)のちょっと前にインド洋で行われていた作戦について述べられています。作戦方面が違うのでこのシリーズでおなじみの登場人物はあんまり出てきませんが、通商艦隊テイストな会話は健在です。

最後に、帝國海軍鬼道艦隊(3) (ジョイ・ノベルス)ですがコチラのほうは前作、帝国海軍鬼道艦隊(2) (ジョイ・ノベルス SIMULATION)で海軍空母で輸送中だった陸軍防空戦闘機隊の鍾軌隊が対空迎撃戦闘を行った後、どうなったか、またその後の戦局、ミッドウェイ島を巡る戦闘において判った戦訓が何だったのかが明らかになります。
ちなみに、ミッドウェイの後、戦場はガダルカナルを巡る戦いへと推移していきました。つまりニューギニア方面での戦闘です。この話では陸海軍の風通しが良くなっているので現場単位では史実以上に連携がとれるようになっています。そこでどんな風に史実が変わっていくのかが楽しみな点でもあります。



posted by きつねのるーと at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書(架空戦記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

今年出てきた仮想戦記小説 @ 高貫布士氏編

さてさて、ブログ更新が停滞している間にたくさんの仮想戦記小説が出版されています。一度に全部を紹介するのはページが重たくなってしまうのでとりあえず作家ごとに別けて紹介してみようと思います。
でもって、今回は高貫布士氏の作品からです。



このシリーズは北冥の海戦(3)(完) (ジョイ・ノベルス)蒼濤の海戦(3) (ジョイ・ノベルス SIMULATION)と続いた歴史の世界での話です。「北冥の海戦」シリーズで北太平洋とオホーツク海、日本海の覇権をめぐって対立した日本とソビエトですが、その次のシリーズ、「蒼濤の海戦」では前シリーズ末期にソビエト側にたって軍事介入してきたアメリカと本格的に対峙し、フィリッピン、台湾をめぐる戦いに突入していきます。そして、中部太平洋を侵攻してくる米太平洋艦隊を新兵器を用いて迎撃戦闘をしたのが今回のシリーズの飛翔の海戦 (ジョイ・ノベルス)でした。そして最新刊の飛翔の海戦 2 (ジョイ・ノベルス SIMULATION) (ジョイ・ノベルス SIMULATION)では、パナマ運河攻略作戦が語られます。1の時に使われた発展兵器と、潜水艦を用いた奇襲の話とその技術開発の話、そしてアメリカ側のパナマ運河の防衛体制についての薀蓄がこれでもかとてんこ盛りになっている話でした。



「覇道の海戦」、「烈日の海戦」、「興亡の海戦」と太平洋とインド洋において連合国と戦い抜いた日本が、停戦、そして対ソ戦に連合国側にたって戦争状態に入ったこの『覇権大戦』シリーズですが、最新刊の覇権大戦1945―黒海進攻作戦 (歴史群像新書 207-5)で、唐突に終わりを迎えました。堂々完結したこのシリーズですがなんとなく最後はあっけない感じでした。




今回はAmazonでの紹介でしたがもちろん他の書店でも取り扱いされています。各書店の検索機能を使って『高貫布士』で探していただくと見つかりますよ。












posted by きつねのるーと at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書(架空戦記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新谷かおる氏の新刊 買いました!

昨年の後半から更新をサボっていたこのブログですが、もう少しまじめに書き始めることにしました。と言うわけで…

復活! です。

で、手始めに今日買ってきたコミックから紹介してみます。





新谷かおる 著 『クリスティ・ハイテンション 2巻』

シャーロック・ホームズのパロディーものですが…
そのネタは、ホームズにホームズ並みに頭の切れる姪っ子がいたらと言うものですね。ですのでもちろん話の舞台は19世紀末の英国。でもって上流階級の話ですから当然のごとくメイドさんやガバネス(家庭教師)がワンサカと出てくるのですね。
でもって、今回のネタは『 ダンスインザヴァンパイアバンド』
とのコラボしたオリジナルストーリーと、「踊る人形」をネタにしたものが収録されています。ちなみに「踊る人形」
の原作はこちら
に収録されています。

この話の1巻は此方です。




今回はオンライン書店ビーケーワン
から紹介させていただきましたが、他の書店でももちろん取り扱いをしていますので各書店の検索機能を使ってみてください。
















posted by きつねのるーと at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング bk1アフィリエイトバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。